おおかみこどもの雨と雪

たまたまテレビをつけたら、おおかみこどもの雨と雪というアニメ映画があっていたので、見てみることにしました。おおかみおとこの父親と人間の母親との出会いから、その2人の子供である雨と雪が巣立つまでの物語を、雪が語るというお話でした。おおかみと人間を行ったり来たり、どちらの道に進むのかをまるで迷っているかのように見えたと母親である花が、幼少期の2人のことを言っていたように、おおかみになったり人間になったりするので、他の人に見られるわけにもいかず、病気の時も狼だと動物病院だし、人間だと小児科だしで、一体どちらを優先させれば良いのかというのが、リアルな様な、そうでない様な、でも面白い設定でした。
雨は狼として生きて行く事を決意し、花の元を去ります。雨が家を出たその後の事は、遠吠えが聞こえてきて花がそれを聞いているいう感じでしか描かれていなかったのですが、雨は人になって時折姿を見せるという事が出来ないのか、しないのかが気になってしまいました。http://www.djnan.net/

日常生活をリフレッシュという土曜日・マンネリ改善時間

日常生活の毎日で空気がもったりとか気持ちが詰まるような状況を、変化のないマンネリという意味で使いますね。朝の身支度や朝食のスタイル、いつも同じというのは家のことでも気分が低下して動きにくい感じがありますね。朝に和風ならば大まかに変えず卵焼きはオムレツとか、佃煮は野菜のお漬物とか春野菜のサラダ、味噌汁は野菜の具を冷凍品の手間いらずも使用で少しシフトできます。マンネリ状態で進まないという時は、小物の食料品とか日用品で目新しい物も使ってみるといい、身体症状より改善しにくいのが精神面。くたびれたキッチンツールを整理して新品を用意、気分がすぐれないとか曇り状態はお洗濯で洗浄もよいし、掃除も効果があります。住まいをさっぱりしてそれでも解消しない場合は、不使用のままの物を新鮮感覚で使ってみたり、新しいというキーワードで探すとよいです。マンネリは古いという意味もありますね、やや消耗している電池みたいに精神力が不足の状態、これを満たすのは外見も性質も新品というのがよいアイテムでしょう。池袋のクリニックでヒゲ脱毛をしています

あきれた不正こども園

定員オーバーの園児を受け入れていた「わんずまざー保育園」。
初めにこのニュースの見出しを見た時は、預け先がなくて困っている子供を違法とは知りつつ仕方なく受け入れているのでは?と勘繰ったりしていた。
しかし、続報を聞くにつれて、ただの欲にまみれた保育園だということがわかってきた。
もちろん、待機児童が多い・預ける園がないという問題が根底にはあると思うが、それにしてもひどい有様。
定員超えた児童の分の昼食は、弁当を持たせたり、別に用意したりするのならわかる。
しかし量をケチったり、前食の残飯を出すなんてもってのほか。
それにしても、今まで問題が表ざたにならなかったことがすごい。
子どもたちから「おかずがちょっとしかないから、お腹空いた」なんて声は出なかったのだろうか?
我が家の子供たちは、食いしん坊で給食の話がしょっちゅう出て来る。すぐにバレそうなものだと思うが…。
情報化社会の現代に、こんな保育園が存在したことが驚きだ。ミトコンドリアサプリは、不妊の方のもオススメできます

最近気になる事がある

地元にあった百貨店で閉店しました。理由はすぐ近くに大型ショッピングモールがオープンしてから売り上げが落ちたからということでした。けどショッピングモールよりも商品の値段が安かったので個人的には残念で仕方ありませんでした。特に食料品の値段が違っていたし、賞味期限切れ直前のパンの割引具合が全然違っていたのでよく買っていました。百貨店が閉店してどうしようかと思っていたけど、近くにあったスーパーも潰れてるから逝く場所がそこしかないから買い物に行ったら明らかに今までとは違う事態が起きていました。それはショッピングモールでパンの割引が百貨店と同様の割引具合になっていたのです。それまで割引すなかったのにいきなり30%割引当たり前みたいな状態になっていたのです。もしかして働いていた人がそのままシフトしているなんて事を疑ってしまうくらいでした。大手のショッピングモールだから品質はしっかりしてるだろうから、これならアンシンシテ買うことができます。銀座には、クリニックやサロンが多くあります

経済対策に28兆円は無駄ではないか

政府は、追加経済対策に28兆円つぎ込む予定です。
しかし、今までのつぎ込んだ経済対策のお金の効果を精査することなく28兆円つぎ込むことには疑問を感じます。
まず、このお金をつぎ込むことでどのような経済効果をもたらすかを国民に公表する必要があると考えます。
そして、その前には先の経済対策費用がどのような効果を経済にもたらしたか?を国民に公表する義務が政府には存在します。
それをしないで28兆円の経済対策費用を投入するのは間違っています。確かに、イギリスのEU離脱など日本にとってマイナスをもたらすことは多く起きています。
そのためにも、素早い経済対策がもたらされるのは理解できるのです。ただ、今までの経済対策で国民生活が良くなっていない事実を考えるとこれ以上のお金のお投入は疑問視せざるえないです。
そのためにも、国民にこれだけのお金をこのように投入してこのように経済を良くすることを事細かく説明する義務が政府にはあると考えます。